タイトル画像1
タイトル画像2

※今もっとも注目されている見守り装置として、好評発売中です。上記「製品お問い合わせ」ボタンからご用命ください。

実証試験に於いて、ご支援ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。
 〇介護付有料老人ホーム・ケアレジデンス水戸新館 様
  http://www.careresi.jp/mitoshinkan/
 〇社会福祉法人北養会・特別養護老人ホームもみじ館 様
  http://www.hokuyoukai.jp/momiji/
 〇医療法人社団北水会・北水会記念病院 様
  https://hokusuikai-kinen.jp/

介護施設運営者と介護ロボットメーカーを繋げる介護ロボットマッチングサイト、「介護ロボットONLINE」に掲載されました。
 介護ロボットONLINE : https://kaigorobot-online.com/products/2
 導入事例・インタビュー : https://kaigorobot-online.com/case/11


ペイシェントウォッチャーの4つの機能

「見守り」「お知らせ」「録画」「呼び出し」


画面に触らずに見るだけで状況を把握できるように設計されています。

※本製品は、富士通株式会社から患者見守り技術に係る特許のライセンス許諾を受けて開発しております。

見守り 見守り

見守り

ペイシェントウォッチャーは常に利用者様やベッド周りを見守り、約3秒間隔で現在の画像を画面に表示。この画面を適宜観察することで、お部屋に行かなくても状況を把握できるようになり、介護者の負担を軽減します。
なお、利用者様のプライバシーに配慮し、顔が分からない程度に表示画質を落としてあります。

お知らせ お知らせ

お知らせ

利用者様の動きを画像解析してアイコンの色とチャイムでお知らせ。そのアイコンをクリックすると、お知らせ発生時の画像が拡大画面で約10秒間表示されます。

録画 録画

録画

ペイシェントウォッチャーにUSB記憶メディアをつなげると、64GBのマイクロSDで約4日分の録画ができます。録画を再生することで利用者様のベッド周辺での様子や介助の様子などの検証が可能になります。

呼び出し 呼び出し

呼び出し

利用者様が呼出ボタン(Myナースコール)を押したときにお知らせします。ナースコールシステムがなくても、呼び出しを受け取ることができます。

システムの特徴

やさしいフォルム、やさしい光。 やさしいフォルム、やさしい光。

本体上部のLEDライトの光でやさしいお知らせ。まるみのある本体形状なので、この光はベッドに寝ている人には見えず、安眠を妨げません。カメラを意識させない、ミニマルなデザインです。

赤外線カメラをさりげなく、ちいさく。 赤外線カメラをさりげなく、ちいさく。

通信機能付きで、電波の届くところならどこでも設置できます。赤外線カメラは24時間撮影し、動きの差異を本体内のコンピュータが解析します。使用電力は最大19Wと優れた電力効率でパフォーマンスを発揮します。

現状の環境に取り込めるシステム。 現状の環境に取り込めるシステム。

今お使いのほとんどのナースコールに接続可能。使い慣れたナースコールにペイシェントウォッチャーのお知らせを受け取ることで、利用者様のコールがなくても、危険を察知して迅速な介助サービスを行うことができます。

製品仕様

型式 PWS-R3L01(通信端末モデル)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 19W(最大)
1か月の消費電力量 14kWh(目安)*1)
1か月の電気料金 380円(目安)*2)
動作環境 5℃〜40℃ 湿度80%以下(但し、結露しないこと)
外形寸法 直径250mm × 高さ75mm
質量 約840g
電源コード 2P・L型 4m(付属)
設置位置 ベッド頭部側中央、高さ約1.7m
設備オプション
  • 壁付けブラケットTILT(壁面に障害物がある場合)
  • 介護用手すりポール(壁に直接取り付けられない場合)
対応ベッドサイズ シングルベッド
検知範囲 ベッド周辺30cm程度

*1):1ヶ月30日で計算。 使用される環境によって変化します。
*2):27円/kWhで計算。電力会社や使用電力量により異なります。

性能と免責

設置条件 条件と性能
性能
設置条件1
設置条件2
ベッドと
装置の位置

ベッドと本装置は左図の設置条件の範囲内で設置してください。また、本装置とベッドの間に視界を遮るものがあると検出精度が下がる場合があります。

環境と検出精度

直射日光が直接ベッド近辺に差し込むと検出精度が下がる場合があります。

白熱電球等の赤外線を多く発する照明器具を使うと検出精度が下がる場合があります。

誤動作/検出漏れ

見守り対象者以外の人や複数の人がカメラに写ると間違ったお知らせをする場合があります。

寝ているときに頭が枕に近い位置にないと検出漏れや誤検出を起こす場合があります。

非常に速い動作に対しては検出漏れを起こす場合があります。

検出漏れ等により、お知らせに一連の一貫性がない場合があります。

インターネット通信環境

ソフトバンク(株)のサービスエリア内にあり、取り付けたい場所の通信状態が良好であることが必要です。

ソフトバンク(株)のサービスエリア内にあっても、室内や取付け場所の通信状況が悪い場合、販売店へご連絡頂ければソフトバンク(株)と電波状況の改善を進めます。
※電波対策機器設置環境等によっては、必ずしも電波状況の改善、安定した通信を保証するものではありません。

検出率

理想的な条件下であれば、起床と離床に関しては90%以上の検出が可能です。
ただし、入床と就床に関してはこの限りではありません。

免責

本装置は見守り対象者様の動きや変化をお知らせすることで介護の軽減を図る目的のものであり、利用者様がそのお知らせに気づかなかったり対処されなかった場合に発生する事件事故に責任を負うものではありません。
また、インターネット通信状況や設置環境その他の原因で、お知らせが漏れたり誤ったお知らせをする場合があり、そのことで発生する事件事故に対しても責任を負うものではありません。

使い方

ペイシェントウォッチャーは表示を見るだけで文字を読まなくても直感的に十分な情報を得られる様に設計されており、一般的なテレビやモニタなどの画面に常に表示して、お知らせが届いた時やお部屋の様子が気になった時に観察することで、通常の介護業務を妨げることなく、業務の低減につなげることができます。

なお、テレビにペイシェントウォッチャーの画面を表示するためには、別売りのLS(リンクスターター)が必要です。

取り付け方法

ペイシェントウォッチャーは、特別な工具や技能が無くても簡単に取り付けることができます。設置図とビデオを参考に取り付けてください。

壁への取り付け

ベッドの頭上に壁がある場合は、壁用の釘で専用プレートを固定して取り付けることができます。釘と専用プレートは本体に付属しています。

ポールによる取り付け

ベッドの頭上に壁が無かったり、窓だったり置物などの障害物があった場合は、介護用手すりポール(太さ等に違いがあるのでモルテン製手すりバディーをお勧めします。)に取り付けることができます。
ポール取り付け用の固定部品は本体に付属しています。
.
コンテンツフッタ